フランス海外県レユニオン島での生活

フランス海外県レユニオン島での生活

レユニオン島は冬です!

f:id:furanpon:20180626074150j:plain
5月24日〜6月22日までのレユニオン島お弁当販売は大成功に終わりました!
梅雨の時期ということで、雨の日が多かったにもかかわらず沢山のお客様が買いに来てくださり、本当に感謝で、胸がいっぱいになりました。

この期間お弁当を販売してくれていた私の尊敬するお友達と引き換えに、今度は私が、1年半ぶりに日本帰国します。

帰国が来週に迫っているので、
日本に持っていきたいレユニオン島のものを25キロのスーツケースの制限まで上手く詰め込んでいるところです。

写真は、6月24日(日)に行われたサンジル=レ=バンでのカーニバルの様子です。
レユニオン島ビールのロゴでもある、絶滅した鳥のドードー(dodo)

f:id:furanpon:20180626100613j:plain

※最近色んなパッケージのドードービールがあって可愛いんです。

を紙で形作ったものを、
カーニバルの最後に海で焼くという行事でした。

みんな変装していて賑やかでした!
f:id:furanpon:20180626080154j:plain


f:id:furanpon:20180626080534j:plain


さて、日本初!レユニオン島弁当の日替わりコレクション写真集です。


記念すべき、販売初日のルガイユスシス弁当(ソーセージカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080353j:plain


「・ルーガイユソシース
(ソーセージのクレオール風トマトソース炒め)
・ランティーユ
(レンズ豆の煮物)
・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)」



カリ プレ弁当(チキンカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080757j:plain

「・カリープーレ
(鶏肉のスパイシートマトソース炒め)
・アリコブラン
(白インゲン豆の煮物)
・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)
ターメリックとレユニオン島の青唐辛子が効いていて控えめですがピリッとしたカレー。」


カリ トン弁当(マグロカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080853j:plain

「・ルガイユ・トン
(マグロのクレオール風トマトソース炒め)
・ウフ・フリ
(目玉焼き)
・ポワ・シトゥルイユ
(白インゲン豆とかぼちゃの煮物)
・ルガイユ・トマト
(青唐辛子入りピリ辛トマト)

レユニオン島名物マグロのカレーとスパイスの効いたポワ・シトゥルイユと青唐辛子がピリッと美味しいルガイユトマトが特徴のカレー。」


カリ ド ポー弁当(豚バラカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080954j:plain

「・カリー・ドゥ・ポーク
(豚肉のクレオール風トマトソース炒め)
・カリー・ドゥ・プーレ・プチポワ・キャロット
(鶏肉とグリーンピース、人参の炒め物)
・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

ターメリックとタイムのスパイスが効いた豚肉のカレーとニンニクとちょっぴりの醤油の香りが食欲をそそる鶏肉の炒め物。」



カリ・ポーク・ジャンジョンブル弁当
(豚肉のクレオール風生姜焼きカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626081130j:plain

「・カリ・ポーク・ジャンジョンブル
(豚肉のクレオール風生姜焼きカレー)
・サムサ・ドゥ・トン
(マグロのサムサ)
・サラド・ドゥ・コンコンブル
(キュウリのサラダ)
・アリコ・ルージュ
(レッドキドニー煮物)

三元豚のカレー!タイムが香る風味深い生姜焼きは日本のそれとはまた違う一品。またレユニオンのサムサも2つ入った大変おトクなお弁当」


カリ プレ弁当(チキンカレー弁当卵焼きのせ☆)
f:id:furanpon:20180626082634j:plain

「・カリ・プレ
(鶏肉のカレー)
・ウフ・フリ
(目玉焼き)
・ルガイユ・トマト
(キュウリのサラダ)
・サムサ・オ・フロマージュ
(チーズのサムサ)

タイムとターメリックの風味が絶妙な鶏肉のカレーです!付け添えに青唐辛子が効いてピリっと辛いトマトのお漬物、外はサク!中はトロ〜なチーズのサムサ入り」


コンババ風味(こぶみかん風味)ルガイユスシス弁当
f:id:furanpon:20180626082846j:plain

「・ルーガイユソシース
(ソーセージのクレオール風トマトソース炒め)

・ランティーユ
(レンズ豆の煮物)

・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)

・サムサ・オ・ポムドゥテール−ベーコン
(ジャガイモとベーコンのサムサ)

レユニオン島カレーの定番、コンババ(コブミカン)の酸味が食欲をそそるソーセージのカレーです!付け添えのお豆や小松菜とも相性ピッタリ‼︎」



カリ プレplusお楽しみカレー弁当

f:id:furanpon:20180626083124j:plain

・カリ・プレ
(鶏肉のクレオール風カレー煮)

・ウフ・フリ
(目玉焼き)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・ドュ・ジュール
(日替わりサムサ:ソーセージとチーズ1種類ずつ)

・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

クレオール風の鶏肉のカレーに、日替わりでもう一種カレーを付けて(どんなカレーかはお楽しみに!)ダブルカレー弁当。サムサは2種類入ったりとご飯の上にはモリモリとお菜をトッピング」


カリ トン弁当
f:id:furanpon:20180626083456j:plain

「・ルガイユ・トン
(マグロのクレオール風トマト炒め)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ウフ・フリ
(目玉焼き)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・ドュ・ジュール
(日替わりサムサ:チーズのサムサ)

・アリコ・ルージュ
(レッドキドニーの煮物)

マグロのクレオール風トマト炒めと日替わりカレーの2種、サムサ、トマトの漬物、レッドキドニーの煮物ととご飯の上には盛り沢山にトッピング‼︎」



豚バラカレー弁当


f:id:furanpon:20180626083702j:plain
「豚バラ肉のレユニオン島カレーと食べてびっくりの2種類のカレー弁当。
日替わりサモサもサクサクの出来立て。
辛いのがお好きな方には、「ルガイユ」
※福神漬けのような存在の辛い漬物ものせます!」




手羽元カレー弁当

f:id:furanpon:20180626083923j:plain

「手羽元を使ったレユニオン島チキンカレー。
サプライズカレーの二種類。
白インゲン豆、チーズサムサ、ルガイユトマトそして目玉焼き付きのビッグカレー弁当」



この日は、フランス国民的炭酸「オランジーナ」サービスの日でした!

f:id:furanpon:20180626084136j:plain


・カリ・ポーク・ジャンジョンブル
(豚の生姜焼きクレオール風)

・カリ・デ・ズー
(卵のカリ)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・ブレッド
(小松菜の炒め物)

・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

本日はメインにクレオール風豚の生姜焼きに卵のカリと日替わりカレーの2種。ご飯の上には盛り沢山にトッピング。」


鳥もも肉カレー弁当

[f:id:furanpon:20180626084431j:plain

「・カリ・プレ
(鳥モモ肉のクレオール風トマトソース炒め)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・デュ・ジュール
(本日のサムサ)

・アリコ・ルージュ
(レッドキドニーの煮物)

メインに鳥モモ肉のクレオール風トマトソース炒めと日替わりカレーの2種。ご飯の上には盛り沢山にトッピング‼︎ボリューム満点。」

レユニオン島弁当は、レユニオン島サイズと一緒にして1個700g〜800g。
税込800円、フランスカレーアプリ会員様は税込700円での販売でした。


5月24日にフランスカレーで開催したレユニオン島ラム酒試飲+レユニオン島のお話+レユニオン島料理の食事会も大成功でした☆
参加してくれたレユニオン島出身のフランス人の子がクレオール語を話してくれたり、と盛り上がった様子です!!

f:id:furanpon:20180626085117j:plain

パッションフルーツのラム酒など、楽しんで頂きました!
アルコール度数が30度あるので、鼻から抜ける香りを楽しみながらちょっとずつ味わうのがいいですね。会話が弾みそうです!

レユニオン島名物でもある、世界でも最高級の☆☆☆☆☆


f:id:furanpon:20180626085803p:plain

ブルボンバニラです♫


このバニラを使って、パティシエ学校に通ったフランスカレーの店長が手作りしたバニラアイスクリームに、レユニオン島のチョコレートブランド、「マスカラン」を添えて。
そして!さつまいも添え♫

f:id:furanpon:20180626085449j:plain


チョコレート工場がレユニオン島にあると知ったのは、
つい最近です。なんと、レユニオン島のサン=ルーの海塩を使用したチョコレートもあります。

f:id:furanpon:20180626090358j:plain


約1ヶ月、お弁当販売やイベントを頑張ってくれたお友達に、本当に感激の気持ちでいっぱいです
( ; ; )!!!

f:id:furanpon:20180626091112j:plain


さて、私が帰国してからのフランスカレーのディナーメニュー、
レユニオン島おつまみメニューを考えており、

やっと「ボンボンピーモン」の試作に成功しました。


以前、ブログで紹介した、サモサと並んで人気の辛い揚げ物です。

乾燥そら豆を一晩水に浸け、

f:id:furanpon:20180626091350j:plain

表面の薄皮を剥き、


フードプロセッサーにかけ、スパイスなどまぜこみ、形作ります。

f:id:furanpon:20180626091642j:plain


そして、油で揚げて完成♫

f:id:furanpon:20180626091801j:plain


そら豆を生のまま、使うというのが大事でした!前回はそら豆を茹でてしまったので大失敗でした。
この、ボンボンピーモンは、インドのおつまみ「マサラ ワダ」からレユニオン島独自の揚げ物になったのかなと思います。

揚げ立てがカリカリサクサクで、辛い物好きにはもってこいのおつまみです(^O^)


他にも色々なレユニオン島おつまみを計画中で、新メニューお披露目がとても楽しみです!



最後に、レユニオン島の季節はいま冬で、夜は肌寒いのですが(日中は暑いです!)
ラクレットが大流行りです。


f:id:furanpon:20180626092818j:plain

ベトナム人のお友達のお家でラクレットパーティーでした!

この日はお友達が作ったベトナムの蟹スープと、
f:id:furanpon:20180626093553j:plain

私が作ったお寿司と、

f:id:furanpon:20180626093018j:plain

レユニオン島風にアレンジされたラクレットと、


とってもユニークな食事会になりました。


じゃがいもや生ハムに、ラクレット用チーズをのせて食べる冬の食卓。普通なら暖炉を囲んでするラクレットですが、レユニオン島でもみんなラクレットの機械を家庭に持っているようです^ - ^



残ったラクレットチーズで作ったサンドイッチ。

f:id:furanpon:20180626093324j:plain



日本人=お寿司を作れるというイメージがあるようで、
レユニオン島に来て1年半、何度作ったか忘れたほど、ホームパーティーでお寿司をリクエストされ沢山作ったのがいい思い出です。

f:id:furanpon:20180626094009j:plain


この日は伝統的なクレオールのお家でパーティーでした。

f:id:furanpon:20180626094804j:plain


f:id:furanpon:20180626095105j:plain

私はお寿司を作り、お友達は中国系クレオール料理のチャップスイ(肉野菜炒め)とネムを作ってくれました。
フランスでは、春巻きのことをneme(ネム)と呼び大人気です!揚げ立てが最高です!

f:id:furanpon:20180626095249j:plain

ドンペリを何も言わずに開けるフランス人が粋だと感じた1日でした。



レユニオン島で勉強する事はまだまだあるので、長期帰国の後2019年3月にはまた戻って来ようと思っています。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#カレー弁当
#こんなところに日本人
#レユニオン島