フランス海外県レユニオン島での生活

フランス海外県レユニオン島での生活

レユニオン島は冬です!

f:id:furanpon:20180626074150j:plain
5月24日〜6月22日までのレユニオン島お弁当販売は大成功に終わりました!
梅雨の時期ということで、雨の日が多かったにもかかわらず沢山のお客様が買いに来てくださり、本当に感謝で、胸がいっぱいになりました。

この期間お弁当を販売してくれていた私の尊敬するお友達と引き換えに、今度は私が、1年半ぶりに日本帰国します。

帰国が来週に迫っているので、
日本に持っていきたいレユニオン島のものを25キロのスーツケースの制限まで上手く詰め込んでいるところです。

写真は、6月24日(日)に行われたサンジル=レ=バンでのカーニバルの様子です。
レユニオン島ビールのロゴでもある、絶滅した鳥のドードー(dodo)

f:id:furanpon:20180626100613j:plain

※最近色んなパッケージのドードービールがあって可愛いんです。

を紙で形作ったものを、
カーニバルの最後に海で焼くという行事でした。

みんな変装していて賑やかでした!
f:id:furanpon:20180626080154j:plain


f:id:furanpon:20180626080534j:plain


さて、日本初!レユニオン島弁当の日替わりコレクション写真集です。


記念すべき、販売初日のルガイユスシス弁当(ソーセージカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080353j:plain


「・ルーガイユソシース
(ソーセージのクレオール風トマトソース炒め)
・ランティーユ
(レンズ豆の煮物)
・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)」



カリ プレ弁当(チキンカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080757j:plain

「・カリープーレ
(鶏肉のスパイシートマトソース炒め)
・アリコブラン
(白インゲン豆の煮物)
・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)
ターメリックとレユニオン島の青唐辛子が効いていて控えめですがピリッとしたカレー。」


カリ トン弁当(マグロカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080853j:plain

「・ルガイユ・トン
(マグロのクレオール風トマトソース炒め)
・ウフ・フリ
(目玉焼き)
・ポワ・シトゥルイユ
(白インゲン豆とかぼちゃの煮物)
・ルガイユ・トマト
(青唐辛子入りピリ辛トマト)

レユニオン島名物マグロのカレーとスパイスの効いたポワ・シトゥルイユと青唐辛子がピリッと美味しいルガイユトマトが特徴のカレー。」


カリ ド ポー弁当(豚バラカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626080954j:plain

「・カリー・ドゥ・ポーク
(豚肉のクレオール風トマトソース炒め)
・カリー・ドゥ・プーレ・プチポワ・キャロット
(鶏肉とグリーンピース、人参の炒め物)
・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

ターメリックとタイムのスパイスが効いた豚肉のカレーとニンニクとちょっぴりの醤油の香りが食欲をそそる鶏肉の炒め物。」



カリ・ポーク・ジャンジョンブル弁当
(豚肉のクレオール風生姜焼きカレー弁当)

f:id:furanpon:20180626081130j:plain

「・カリ・ポーク・ジャンジョンブル
(豚肉のクレオール風生姜焼きカレー)
・サムサ・ドゥ・トン
(マグロのサムサ)
・サラド・ドゥ・コンコンブル
(キュウリのサラダ)
・アリコ・ルージュ
(レッドキドニー煮物)

三元豚のカレー!タイムが香る風味深い生姜焼きは日本のそれとはまた違う一品。またレユニオンのサムサも2つ入った大変おトクなお弁当」


カリ プレ弁当(チキンカレー弁当卵焼きのせ☆)
f:id:furanpon:20180626082634j:plain

「・カリ・プレ
(鶏肉のカレー)
・ウフ・フリ
(目玉焼き)
・ルガイユ・トマト
(キュウリのサラダ)
・サムサ・オ・フロマージュ
(チーズのサムサ)

タイムとターメリックの風味が絶妙な鶏肉のカレーです!付け添えに青唐辛子が効いてピリっと辛いトマトのお漬物、外はサク!中はトロ〜なチーズのサムサ入り」


コンババ風味(こぶみかん風味)ルガイユスシス弁当
f:id:furanpon:20180626082846j:plain

「・ルーガイユソシース
(ソーセージのクレオール風トマトソース炒め)

・ランティーユ
(レンズ豆の煮物)

・ブレッドフリカッセ
(小松菜の炒め物)

・サムサ・オ・ポムドゥテール−ベーコン
(ジャガイモとベーコンのサムサ)

レユニオン島カレーの定番、コンババ(コブミカン)の酸味が食欲をそそるソーセージのカレーです!付け添えのお豆や小松菜とも相性ピッタリ‼︎」



カリ プレplusお楽しみカレー弁当

f:id:furanpon:20180626083124j:plain

・カリ・プレ
(鶏肉のクレオール風カレー煮)

・ウフ・フリ
(目玉焼き)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・ドュ・ジュール
(日替わりサムサ:ソーセージとチーズ1種類ずつ)

・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

クレオール風の鶏肉のカレーに、日替わりでもう一種カレーを付けて(どんなカレーかはお楽しみに!)ダブルカレー弁当。サムサは2種類入ったりとご飯の上にはモリモリとお菜をトッピング」


カリ トン弁当
f:id:furanpon:20180626083456j:plain

「・ルガイユ・トン
(マグロのクレオール風トマト炒め)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ウフ・フリ
(目玉焼き)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・ドュ・ジュール
(日替わりサムサ:チーズのサムサ)

・アリコ・ルージュ
(レッドキドニーの煮物)

マグロのクレオール風トマト炒めと日替わりカレーの2種、サムサ、トマトの漬物、レッドキドニーの煮物ととご飯の上には盛り沢山にトッピング‼︎」



豚バラカレー弁当


f:id:furanpon:20180626083702j:plain
「豚バラ肉のレユニオン島カレーと食べてびっくりの2種類のカレー弁当。
日替わりサモサもサクサクの出来立て。
辛いのがお好きな方には、「ルガイユ」
※福神漬けのような存在の辛い漬物ものせます!」




手羽元カレー弁当

f:id:furanpon:20180626083923j:plain

「手羽元を使ったレユニオン島チキンカレー。
サプライズカレーの二種類。
白インゲン豆、チーズサムサ、ルガイユトマトそして目玉焼き付きのビッグカレー弁当」



この日は、フランス国民的炭酸「オランジーナ」サービスの日でした!

f:id:furanpon:20180626084136j:plain


・カリ・ポーク・ジャンジョンブル
(豚の生姜焼きクレオール風)

・カリ・デ・ズー
(卵のカリ)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・ブレッド
(小松菜の炒め物)

・アリコ・ブラン
(白インゲン豆の煮物)

本日はメインにクレオール風豚の生姜焼きに卵のカリと日替わりカレーの2種。ご飯の上には盛り沢山にトッピング。」


鳥もも肉カレー弁当

[f:id:furanpon:20180626084431j:plain

「・カリ・プレ
(鳥モモ肉のクレオール風トマトソース炒め)

・キュリー・デュ・ジュール
(本日のカレー:来て頂いてのお楽しみ!)

・ルガイユ・トマト
(青唐辛子のトマトの漬物)

・サムサ・デュ・ジュール
(本日のサムサ)

・アリコ・ルージュ
(レッドキドニーの煮物)

メインに鳥モモ肉のクレオール風トマトソース炒めと日替わりカレーの2種。ご飯の上には盛り沢山にトッピング‼︎ボリューム満点。」

レユニオン島弁当は、レユニオン島サイズと一緒にして1個700g〜800g。
税込800円、フランスカレーアプリ会員様は税込700円での販売でした。


5月24日にフランスカレーで開催したレユニオン島ラム酒試飲+レユニオン島のお話+レユニオン島料理の食事会も大成功でした☆
参加してくれたレユニオン島出身のフランス人の子がクレオール語を話してくれたり、と盛り上がった様子です!!

f:id:furanpon:20180626085117j:plain

パッションフルーツのラム酒など、楽しんで頂きました!
アルコール度数が30度あるので、鼻から抜ける香りを楽しみながらちょっとずつ味わうのがいいですね。会話が弾みそうです!

レユニオン島名物でもある、世界でも最高級の☆☆☆☆☆


f:id:furanpon:20180626085803p:plain

ブルボンバニラです♫


このバニラを使って、パティシエ学校に通ったフランスカレーの店長が手作りしたバニラアイスクリームに、レユニオン島のチョコレートブランド、「マスカラン」を添えて。
そして!さつまいも添え♫

f:id:furanpon:20180626085449j:plain


チョコレート工場がレユニオン島にあると知ったのは、
つい最近です。なんと、レユニオン島のサン=ルーの海塩を使用したチョコレートもあります。

f:id:furanpon:20180626090358j:plain


約1ヶ月、お弁当販売やイベントを頑張ってくれたお友達に、本当に感激の気持ちでいっぱいです
( ; ; )!!!

f:id:furanpon:20180626091112j:plain


さて、私が帰国してからのフランスカレーのディナーメニュー、
レユニオン島おつまみメニューを考えており、

やっと「ボンボンピーモン」の試作に成功しました。


以前、ブログで紹介した、サモサと並んで人気の辛い揚げ物です。

乾燥そら豆を一晩水に浸け、

f:id:furanpon:20180626091350j:plain

表面の薄皮を剥き、


フードプロセッサーにかけ、スパイスなどまぜこみ、形作ります。

f:id:furanpon:20180626091642j:plain


そして、油で揚げて完成♫

f:id:furanpon:20180626091801j:plain


そら豆を生のまま、使うというのが大事でした!前回はそら豆を茹でてしまったので大失敗でした。
この、ボンボンピーモンは、インドのおつまみ「マサラ ワダ」からレユニオン島独自の揚げ物になったのかなと思います。

揚げ立てがカリカリサクサクで、辛い物好きにはもってこいのおつまみです(^O^)


他にも色々なレユニオン島おつまみを計画中で、新メニューお披露目がとても楽しみです!



最後に、レユニオン島の季節はいま冬で、夜は肌寒いのですが(日中は暑いです!)
ラクレットが大流行りです。


f:id:furanpon:20180626092818j:plain

ベトナム人のお友達のお家でラクレットパーティーでした!

この日はお友達が作ったベトナムの蟹スープと、
f:id:furanpon:20180626093553j:plain

私が作ったお寿司と、

f:id:furanpon:20180626093018j:plain

レユニオン島風にアレンジされたラクレットと、


とってもユニークな食事会になりました。


じゃがいもや生ハムに、ラクレット用チーズをのせて食べる冬の食卓。普通なら暖炉を囲んでするラクレットですが、レユニオン島でもみんなラクレットの機械を家庭に持っているようです^ - ^



残ったラクレットチーズで作ったサンドイッチ。

f:id:furanpon:20180626093324j:plain



日本人=お寿司を作れるというイメージがあるようで、
レユニオン島に来て1年半、何度作ったか忘れたほど、ホームパーティーでお寿司をリクエストされ沢山作ったのがいい思い出です。

f:id:furanpon:20180626094009j:plain


この日は伝統的なクレオールのお家でパーティーでした。

f:id:furanpon:20180626094804j:plain


f:id:furanpon:20180626095105j:plain

私はお寿司を作り、お友達は中国系クレオール料理のチャップスイ(肉野菜炒め)とネムを作ってくれました。
フランスでは、春巻きのことをneme(ネム)と呼び大人気です!揚げ立てが最高です!

f:id:furanpon:20180626095249j:plain

ドンペリを何も言わずに開けるフランス人が粋だと感じた1日でした。



レユニオン島で勉強する事はまだまだあるので、長期帰国の後2019年3月にはまた戻って来ようと思っています。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#カレー弁当
#こんなところに日本人
#レユニオン島

日本初上陸☆レユニオン島カレー弁当販売中です♫

f:id:furanpon:20180525081226p:plain
お弁当販売計画にあたり、クレオールのマダム、マリーアニックさんも協力してくれて、本物のレユニオン島料理を教えてくれたんです。

すごく衝撃的でした。
f:id:furanpon:20180525083038p:plain
マリーアニックさんが、レユニオン島料理にはぜっったい欠かせない!というピロン。
これでニンニク、唐辛子、塩、コショウ、スパイスなどをすり潰すことで、素材の香りが何倍も出るんです。

石で出来ているのでとても重く、これは日本には持っていけないな、、日本ではフードプロセッサーで作るしかないかなぁと妥協していましたが、
マリーアニックさんのピロンに対する熱い思いを聞いていたら、
何としてでも手にいれなくちゃと思い、インターネットで購入してフランスカレーに送りました!

f:id:furanpon:20180525083858j:plain



実は『レユニオン島カレー弁当』期間限定販売企画を、
レユニオン島で出逢った、私が尊敬している素敵なお友達と一緒に2ヶ月間ほど缶詰め状態で計画しておりました(^ ^)


f:id:furanpon:20180525084226j:plain

今回、お友達が帰国してお弁当を売ってくれています。どうしてもお弁当販売期間には間に合わず私は一緒に帰国できなかったのですが、
ようやく7月に帰国が決まりました(^-^)☆

マリーアニックさんのお料理に衝撃的だったことその1

f:id:furanpon:20180525084323p:plain

●なすを直火で焼いて
中身をとりだし、唐辛子、玉ねぎ、塩、油、ライム、少し酢を入れて、カレーの付け合わせの辛いルガイユを作りました。

なすが香ばしくなって本当に美味しかったです。

マリーアニックのお料理に衝撃的だったことその2

●昔はピーナッツ油を使って調理していたということ。


衝撃的だったことその3

●クレオール料理には欠かせない生姜ですが、昔はあまり入れなかったという事。

衝撃的だったことその4

●本来のルガイユの中には、にんにくとタイムはいれず、ターメリックは色味のためだけ入れるということ。

f:id:furanpon:20180525090655j:plain


f:id:furanpon:20180525090918p:plain


f:id:furanpon:20180525091132p:plain

教わったクレオール料理をみんなで試食し、
4歳の娘も、マリーアニックさんの凄さがわかったようでした♫

f:id:furanpon:20180525091418j:plain

ちなみに、マリーアニックさんは日本が大好き!そして『ゆず』と『山椒』が大好き!

f:id:furanpon:20180525091612j:plain

アボガドに、日本で買ってきたという柚子胡椒、山椒、すだち酢、
をかけて食べましたよ!

f:id:furanpon:20180525092012j:plain


日本で自家製ラム酒作りをしてお客様に提供したいと考えています。

f:id:furanpon:20180525093514j:plain

このラム酒はシャレットという、レユニオン島で作っているものなんですが、日本にもインターネットで見つけて早速送りました。

これに、友人にレユニオン島から持って行ってもらったスパイスなどをラム酒に漬け込んでもらうと、、1ヶ月後くらいにはレユニオン島で大人気の『ラム アロンジェ』が出来るんです。
長く寝かせることで、よりフルーティな深〜い味わいのラム酒ができます。

f:id:furanpon:20180525093843j:plain



『お酒って自家製したらダメなのでは?!』と思い色々調べたところ、
お店の管轄の税務署に、『特例適用混和の開始の申告手続』を提出しなければならないという事が分かり、日本で申請書を代理で出してきて貰いお店で作って提供することに了承を頂けました。

自家製ラム酒を皆さんに飲んでもらって感想を聞くのが楽しみです。

f:id:furanpon:20180525103507j:plain


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ


#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#カレー弁当

カレーコンテスト、優勝者には金の鍋!

f:id:furanpon:20180412045129j:plain
スーパーマーケット主催の、カレーコンテストが行われました。

f:id:furanpon:20180412045244j:plain
12名での対決です。

f:id:furanpon:20180412045448j:plain

1人ずつ、使う材料を時間内で持ってきます。

f:id:furanpon:20180412045629j:plain

ちょっと、取り忘れたな、、と思っても再度取りに行くのもオーケーです。

f:id:furanpon:20180412045840j:plain

優勝者には金の鍋が!!

f:id:furanpon:20180412050341j:plain

この挑戦者がもってきた材料は塩、タイム、トマト、玉ねぎ、ターメリック、生姜、ニンニク、青唐辛子、油、ソーセージ、生のパセリ。
後で、コンババも持ってきていました。


時間は45分!
調理中には、生演奏で盛り上がり、
f:id:furanpon:20180412050848j:plain

できたカレーは審査員が点数をつけます。
f:id:furanpon:20180412051034j:plain



真剣です!
f:id:furanpon:20180412051158j:plain



f:id:furanpon:20180412051624p:plain
このムッシュが優勝者です!!
おめでとうございます!!
実物の金の鍋はこの日見れませんでしたが、後日引き渡しのようでした。

最後にみんなで試食会でした。

f:id:furanpon:20180412051806j:plain


f:id:furanpon:20180412051906j:plain


やっとのことで、温めてきたお弁当計画がまとまり、皆様にご報告できます^_^
2018年5月24日(木)〜2018年6月22日(金)の期間限定で、
レユニオン島カレーを『フランスカレー 東大前』にて販売致します!
時間は11時30分〜13時30分まで。※日曜日はお弁当販売はお休みです。
日替わりお弁当を予定しております☆
〝日本初上陸!フランス海外県レユニオン島の郷土料理をお弁当にて♫〝



最後に、最近集めた飲み物写真を。


先日、イタリア料理店で、オランジーナを頼んだら、可愛いグラスがでてきました!

f:id:furanpon:20180406043115j:plain

フランスビールで1番知名度があるのは、クローネンブルグだと思います。

f:id:furanpon:20180406042753j:plain

『1664』なので、若者達には、『16』(セーズ)とフランス語の数字読みで呼ばれています。


f:id:furanpon:20180406042528j:plain

これは、ノンアルコールのクローネンブルです。


f:id:furanpon:20180406043617j:plain
これはフィッシャービール。レユニオン島で人気です。



レユニオン島ナンバーワンビールはやっぱりドードービールです。
f:id:furanpon:20180406043253j:plain

これは、ノンアルコールのドードー。

f:id:furanpon:20180412061825j:plain

これは、アルコール度数1パーセントの、【モナコ】です。
レモネード+ざくろ(グルナデン)シロップ+ビール=モナコになります!

f:id:furanpon:20180412072739j:plain
色は綺麗なピンク。


写真がないのですが、
『パナシェ』は、アルコール度数1パーセントの、レモネード+ビールで、1番人気があり、みんなジュースがわりに飲んでます♫

f:id:furanpon:20180412060134j:plain
これは、アルコール度数1パーセントのグレープフルーツ味のドードー。

他にも色んなフルーツの味のビールが盛りだくさん!
この、ブルボンビール『通称⁑ドードービール』ですが、日本への輸出を計画中です。
ロゴも可愛いく、味も日本人好みだと思います。
日本でレユニオン島カレーと一緒にドードービールを皆様に飲んでもらえる日を夢見て、、、
頑張ります☆



f:id:furanpon:20180406042920j:plain

孤独のグルメ!フランスでも漫画が♫

f:id:furanpon:20180406043024j:plain

嬉しくなりました!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ



#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#カレー弁当
#レユニオン島カレー弁当
#国内初
#日本初上陸
#株式会社フランポン
#孤独のグルメ

レユニオン島カレー弁当研究中です!

f:id:furanpon:20180406042625j:plain
日本でどういう形でレユニオン島のカレーを広めていこうかと、
たくさん考えていましたが、最近ようやく自分の中でまとまってきましたよ!
綺麗に盛り付けられたレユニオン島料理を、レストランの中で食べるのも好きですが、
(このレストランでは、料理の締めにレユニオン島名物であるラム酒付きでした。)
f:id:furanpon:20180406042628j:plain

わたしは、レユニオン島の料理を、ワイルドに盛り付けられたお弁当が大好きなんです!
大体、注文を受けたあとスタッフが、盛ってくれます。
日本の屋台で使うような使い捨て容器に、
ご飯をずっしり、煮豆をずっしり!(これが基本です)
おかずはカレー1種類とレユニオン風炒め物1種類を半分ずつのせてもらったり、

f:id:furanpon:20180406051212j:plain
これは、マグロカレーとチキンソテー合いがけ弁当です。

最後に、「辛いルーガイはのせますか?」と聞かれるので、私はいつも弁当の端っこにのせてもらいます。
f:id:furanpon:20180406044130j:plain

店員さんがこんな風にお弁当を盛ってくれます。

f:id:furanpon:20180406051030j:plain

これは、ある日の夕食で、お弁当を持ち帰りして家でたべました。

f:id:furanpon:20180406051110j:plain

ご飯なしの、煮豆とレユニオン島チキンソテーのお弁当
(ダイエット中の旦那はご飯抜きで注文しました)

f:id:furanpon:20180406051135j:plain

これは、ご飯、煮豆ありのマグロカレー

f:id:furanpon:20180406051101j:plain

これは、ご飯、煮豆ありのレユニオン島豚肉のソテー


f:id:furanpon:20180406051214j:plain
これは牛肉と人参の煮込み料理弁当(レユニオン島料理というか、フランス料理に近いかな?)

f:id:furanpon:20180406043900j:plain
小魚のカレー弁当
(bichiqueビシックと言う小魚です)

f:id:furanpon:20180406050952j:plain
ルーガイスシス弁当

f:id:furanpon:20180406044153j:plain

タラ(魚)のカレー弁当

f:id:furanpon:20180407052850j:plain
豚肉の燻製のカレー弁当
(燻製された肉をBousanéブカネといいます)

お弁当は日替わりのお店が多く、「今日はどんなカレーがあるかなぁ〜?」と、
ワクワクして買いにいくのが楽しみの1つです。

こんな気持ちを日本の〝フランスカレー東大前〝のお客様にも味わってもらいたいなと思い、
日本でレユニオン島カレーをメニュー化する時は、
お弁当として販売しようと計画しています!

具体的な計画ができてきたので、また改めてご報告しますね☆^ ^☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#カレー弁当

レユニオン島名物☆謎の”アメリカン”の作り方です!

f:id:furanpon:20180224124333p:plain

手塚とおるさんが、こんなところに日本人で食べていた
『アメリカン』〜Américain 〜
疑問に思った方が沢山いらっしゃると思います!

f:id:furanpon:20180224124520p:plain
アメリカン
の作り方です。

材料
蒸したシューマイbouc4個〜6個
フランスパン(30センチ程)長いフランスパンを半分に切っても良いです。
ケチャップやマヨネーズお好みで
ミックスチーズ50g
フライドポテト10本〜15本
ハーブ ド プロバンス少々

①フランスパンの間にお好みのソースをたっぷり塗ります。
②蒸したブション(シュウマイ)を丸ごと並べます。
③フライドポテトをまんべんなくのせます。
④ミックスチーズをのせてオーブンに入れてお好みの焼き具合までいれます。
(10分程度)
⑤お好みで、ハーブ ド プロバンスを最後に上からふりかけても美味しいです。


※ハーブ ド プロバンスとは、セイボリー、フェンネル、バジル、タイム、ラヴェンダーなどかミックスされているハーブです。

今日はお店のアメリカンが食べたくなって、私の住んでいる町のサントマリーのバス停近くのサンドイッチ屋さんにいきました。

f:id:furanpon:20180224124701p:plain

f:id:furanpon:20180223185343j:plain

今は季節の中でも一番暑い時期です。

ここは、手塚とおるさんが降りたサントマリーのバス停です。

f:id:furanpon:20180223185422j:plain


店員さんも、、
f:id:furanpon:20180223185318j:plain

汗をふきながらお仕事してます。


f:id:furanpon:20180223185241j:plain

今日は、チキンのブション(チューマイ)のアメリカンで、ソースはモロッコソースで注文しました。
f:id:furanpon:20180223185217j:plain

ソースはいくつか種類があって、好きなのを選べます。

上から、
バーベキューソース
ケチャップ
マヨネーズ
モロッコソース
ピーモン(チリソース)
ケバブソース
サムライソース
醤油
アルジェリアソース

ほとんどのお店はこのようにスーパーで売っているソースを使っているようです。

f:id:furanpon:20180224125508j:plain

ピーモンは、シラチャーと呼ばれるチリソースのことで、
レユニオン島ではシュウマイを単品で食べるときもよく使います。

f:id:furanpon:20180224130052j:plain




10分程まっていると完成。
f:id:furanpon:20180223182803j:plain


チーズの下にはフライドポテトが

f:id:furanpon:20180223183050j:plain

f:id:furanpon:20180223184924j:plain


その下にはシュウマイ(ブション)

f:id:furanpon:20180223184739j:plain

f:id:furanpon:20180223184822j:plain

f:id:furanpon:20180223184915j:plain


一番下にはソースがたっぷり塗られています。

f:id:furanpon:20180223185023j:plain

全体の写真を撮ることに食べてから気がついたので、
食べかけですが

f:id:furanpon:20180223185118j:plain

一本計ったら500gを超えていました。
ずっしりしています!

手塚さんが飲んでいたビールは、レユニオン島のビールです。
f:id:furanpon:20180224131134p:plain

島では間違いなく一番人気のビールで、『ドードー』と呼びます。

f:id:furanpon:20171130155209j:plain

このビールのブランドのロゴが、ドードーという鳥なので、みんなそう呼んでいますよ。
サッパリしていてとても飲みやすいビールです!



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

#手塚とおる
#こんなところに日本人
#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#ブション
#シューマイ
#アメリカン

こんなところに日本人に出たルーガイの作り方です!

f:id:furanpon:20180220215002j:plain

『こんなところに日本人』で出たルガイユの作り方です。
以前の記事にも書きましたが、改めまして、レユニオン島料理の付け合わせには欠かせないルガイユ(ルーガイ)〜rougail〜

さて、改めましてルガイユとは…。

このお弁当の脇をよーく見てみてください。

f:id:furanpon:20180103110146j:plain

f:id:furanpon:20180103110100j:plain

f:id:furanpon:20180103104935j:plain

f:id:furanpon:20180103104845j:plain

全てのお弁当に添えてある赤や緑のものはルガイユです!

どんなクレオール料理にもルガイユは欠かせない存在♫

f:id:furanpon:20180103110246j:plain

こちらのクレオール料理のブュッフェの写真の手前にあるのも全部辛いルガイユです。

レユニオン島(クレオール料理)にとって、
rougail〜ルガイユ〜がいかに大切かということを見に染みて感じさせられましたので、
今日は皆様にルガイユについて詳しく知ってもらいたいと思い書いています。

まず、rougailルガイユ(現地の人が発音するとルーガイに聞こえます。)の語源は、
レユニオン島のカレーの、cari(カリ)と同じように、インド起源のタミル語からきているようです。

このrougailルガイユ!!!少しややこしくて、
大きく分けると2種類あります。

一つはレユニオン島料理の付け合わせとして(福神漬けのような位置づけ)火を通さずにつくる、辛い漬物のようなもの。

上の写真のお弁当のルガイユはこれにあたります。



もう一つは!!香り高い辛みのある煮込み料理としたもの。

この二つまったく別物なのですが、共通しているのは唐辛子を入れる事です。

①冷たいトマトのルガイユの作り方
f:id:furanpon:20180103103913j:plain

f:id:furanpon:20180103105337j:plain
材料:(約2人分)
玉ねぎ:4分の一個(約50g)→私は、生の玉ねぎが嫌いなので入れません…。
赤か青唐辛子(生):1~2本
トマト:1個(約200g)
塩:小さじ半
サラダ油大さじ1
あればコブミカンの皮を少々
(コブミカンの香りは独特で、日本ではあまり見かけませんがレユニオン島では生で売られていて皮を細かく切って使います)

パクチーを入れても美味しい
レモンの絞り汁を入れるとさっぱりします。


〜必要な道具〜
乳鉢
f:id:furanpon:20171130153141j:plain
レユニオン島でよく使われる乳鉢は石のこのようなものです。

タマネギは細かいみじん切りに、トマトもみじんに切る。
唐辛子は、乳鉢があれば塩と共に細かくすり潰す。
生の青唐辛子を使うことが多いです。
f:id:furanpon:20180103104755j:plain

青唐辛子とショウガや塩がすでに混ぜてある便利な市販品も売っています。

無ければ細かいみじん切りをする。
あとで、全部スプーン等で混ぜて完成。

※トマトの代わりにアボガドをいれたら、アボガドのルガイユ、レモンを細かく切って入れたらレモンのルガイユ、なんでもルガイユになっちゃいます!


Le rougail saucisse
(ルガイユ スシス)ソーセージのルガイユ
4~6人分
f:id:furanpon:20180103110514j:plain

生のソーセージ1キロ

*(あれば、燻製のソーセージを生のソーセージと合わせて1キロくらいになるように準備すると更に美味しい!)

食用油大さじ3

タマネギ2個

ニンニク2かけ

ショウガ1かけ

トマト1キロ

ターメリック小さじ1

生の青トウガラシ1本

1. 輪切りにしたソーセージを油でいため、取り出しておく。
2. ソーセージをいためた油で、皮をむいて薄切りにしたタマネギ、つぶしたニンニク、ターメリックをいためる。
3. 小さめのサイコロ状に切ったトマトと1のソーセージを加えて火を弱める。つぶしたトウガラシとすりおろしたショウガを加え、蓋をして弱火で10分煮込んで完成。
f:id:furanpon:20180103110306j:plain

f:id:furanpon:20180103110342j:plain

f:id:furanpon:20180104201457j:plain

29日のお昼ご飯の病院食はこの、ルガイユ スシスでした。
ソーセージは切られていない1本丸ごとで、こんな作り方があるんだなぁと思いました!


日本でルガイユを作る場合、このようなパウダーで辛みをつけてもいいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

手塚とおるさん、とっても優しい方でした!
サイン頂きました、遠いところまで探しに来てくださって嬉しかったです。
f:id:furanpon:20180220191624j:plain

f:id:furanpon:20180220185449j:plain
#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス
#カレー
#フランポン
#こんなところに日本人
#手塚とおる

レユニオン島でのアペロ!

f:id:furanpon:20180220170344j:plain

アペロについては、以前ブログに書いたことがあります。

フランス語があまり話せなくても、
『Tu prends l'apéro?』
アペロしない?は
とお友達を誘えば大抵仲良くなれます。
Apéroアペロとは、Apéritifアペリティフ(食前酒の意味)を略しています。
食事の前に、1時間〜2時間、食前酒としてシャンパンやビールとおつまみを食べながら会話をたのしむ時間…フランスの時間の流れが好きです。

さて、一月、二月は旦那のお母さん、妹、妹の彼氏がフランス本土からバカンスで遊びにきて泊まっていましたので、毎日がアペロでした!

特に妹がレユニオン島で人気のブション(シュウマイです!)好きで、ほぼ毎日スイートチリソースをつけて食べていました♫

それでは、ロチエ家の日々のアペロをご紹介します!

f:id:furanpon:20180220172037j:plain

エビの天ぷらと餃子をスイートチリソースで。

f:id:furanpon:20180220172018j:plain

この日は、焼き鳥と一口お好み焼きを手作りしました。

あと、ブション(シュウマイ)

f:id:furanpon:20180220171922j:plain

揚げ春巻き作りました!


f:id:furanpon:20180220171915j:plain

生春巻きつくりました!

f:id:furanpon:20180220174923j:plain

合鴨のリエットをフランスパンに塗ったものと、ブション。



f:id:furanpon:20180220171716j:plain
旦那のお母さんがフランス南西のトゥールーズの隣、オーシュに住んでいるので、フォアグラをもってきてくれました。
オーシュで作っているワイン、ペロオは絶品です!



f:id:furanpon:20180220171626j:plain

クラッカーに生ハムをのせたり、クリームチーズをのせたり。


f:id:furanpon:20180220171705j:plain

スシソンという、日本でいうサラミも人気♫

f:id:furanpon:20180220171703j:plain
日本の小さいせんべいや、豆菓子がとっても人気です!


f:id:furanpon:20180220171144j:plain

お酒のお供になれば、なんでも大丈夫です!

f:id:furanpon:20180220181648j:plain


f:id:furanpon:20171201235229j:plain

サモサもカンタンに手作りして、油では揚げずに、
少し油を敷いてオーブンに入れて焼くのが好きです。

f:id:furanpon:20180220180926j:plain
これは買ってきたサモサ。
レユニオン島ではやはり、アペロといえばサモサとボンボンピーモンとブション。
美味しいです!!


f:id:furanpon:20180220172356j:plain
いま、レユニオン島は一番暑い時期です(๑・̑◡・̑๑)
暑い時期は、ビールか、ロゼワインがいいということで、キンキンに冷やして夕方19時頃から毎日アペロを楽しんでいました♫

f:id:furanpon:20180220180021j:plain

f:id:furanpon:20180220181326j:plain

私だけ、ノンアルコールビールで参加していましたが、楽しかったです!!



f:id:furanpon:20180220181446j:plain
十分にアペロで盛り上がったあとは、メイン料理♫この日はカリ.プレ!
チキンカレーでした(^-^)v


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

#フランスカレー
#ルガイユ
#ルーガイ 辛い
#rougail
#レユニオン島料理
#クレオール料理
#フランスカレー 東大前
#フランス